• 離婚裁判基礎知識の復習

    離婚裁判の基礎を理解する

    離婚裁判とは文字通り離婚についての裁判です。言葉の意味はより理解できれいるでしょうが、 現実にはどんな手続きがなされるのか知らない人の方が多いと思います。 離婚裁判に関して、少し見てみましょう。現代は昔と違い、離婚率が上昇しているので 離婚と聞いてもさほど驚きませんよね。

    しかし、実際に裁判にまでもつれ込むことは少ないのです。離婚裁判の前に家庭 裁判所で調停がされます。お互いの話し合いで合意可能なら、裁判をす る必要性もないからです。離婚調停ではお互いの合意に達するまで話し合が続けれます。 また、納得して離婚するケースでは調停を行う必要もありません。

    しかし、法律上の手続きを知らなかったという理由で、もらうべきお金をもら い損ねてしまうケースもあります。時代の流れで、お金をもらえるならばも らって当たり前と思う人は多いので、もらわなかったことを損と考えがちです。 なので、離婚裁判の知識を持っておくことは、離婚するのであれば、当然必要なことなのです。

    離婚裁判を知ることの大事さ、どうやって相手からお金をとるか、という方法を考えられること なのです。元々、愛し合って結婚したのに、なぜ別れることになったのか、ということには 一切言及しません。これからのことだけを考えるのです。アメリカのように契約社会の考え方が 悪い方向で影響しているのかもしれません。日本での婚姻は契約ではありませんが、アメリカ では婚姻は契約なのです。

    離婚裁判基礎知識の復習
メインコンテンツ

離婚裁判の期間


離婚をするしかないと決めたら、離婚調停に入ります。 もちろん、これは裁判所と関係ありませんので、お互いが合意できれば 離婚が成立するということになります。ただ、多くのケースで、円満に 話し合いで解決することはありません。特に子どもがいるケースでとくに これが目立ちます。


調停でも解決が不可能であれば、離婚裁判に発展しますが、 離婚裁判に必要な期間はどの位なのか、というとまず、一般的に月に1回程度 審理が行われます。


すぐに結審するケースもありますし、途中で離婚裁判をやめ、 和解するケースも多くあります。ただ、お互いの主張に隔たりがあり、全部を 審理するケースでは1~2年位の期間が必要となります。その期間は事実上は 離婚状態ですが、子どもとの関係や慰謝料などが宙ぶらりんになります。 離婚の原因をどちらがにあっても、審理の進むペースは違います。


また、心理をわざと引き延ばす弁護士もいます。離婚で精神的 に痛手を負う人は多いはずです。可能なら、すぐ裁判を終了させたいと 考えるはず。しかし、お金を少しでも多くとろうと裁判を長期化 させる弁護士もいるので注意です。あなたが依頼した弁護士がどの位の経験 があるかにより、進み方は大きく変化します。弁護士と相談しながら進め ていく必要があるのです。あせらず自分に有利になるように、しっかりと 弁護士と相談しながら進め方を決めていきましょう。

離婚裁判の期間