• 傾向

    裁判官の考えによって左右する傾向

    離婚裁判の判決例をみたら、社会が離婚をどういったように感じるのかが明確です。 それは、離婚裁判は時代により多少なりとも異なるのです。現代の離婚裁判の傾向を参考にしましょう。 夫婦生活が実質的に破綻している時は、理由とは関係なく離婚を認知するのが破綻主義です。

    こういったケースの破綻主義が大半でした。ですが、最近の傾向は有責主義に変化しています。 こういった破綻の理由を作った方からの離婚請求は認知されません。 なので、浮気をし別の女性と一緒に暮らしている夫は、離婚が認められません。 こういった婚姻関係を継続する上で努力をすると言う責任を放棄しているとみなされます。

    民法に記載されていることを文面通りにみたら、婚姻を継続不可能な重大な原因があるなら離婚可能ということです。 理由を作成した当事者かどうか分かりません。ですが、基本の感覚では理由を作った方が離婚を 請求可能であれば、精神的苦痛を与えられた上に離婚しなければならない配偶者が可愛そうです。 なので、有責主義はこういった考えをとります。

    どっちが法律的に正義と言うことはあまりないです。 ですが、離婚裁判と言ったものが非常にデリケートな事なので、個別に事情が異なります。 なので、過去の判例を単純に判断することは難しく、また、裁判官の考えによって左右するでしょう。

    傾向
メインコンテンツ

離婚裁判と協議離婚


離婚には申請に対して何個か方法があります。当事者同士が離婚についてどういった考えなのか 明確にしたりしなかったりで、手続きが異なります。いうならば、話し合いで決着可能な時は協議離婚、 決着不可能の時は離婚裁判となります。裁判は通常の裁判なので、判決は強制力があります。 不本意な判決だとしても、それに従う必要があるのが離婚裁判となっています。


日本で離婚裁判を行うには協議離婚が不調に終了した場合です。外国では全て離婚裁判となる国もあるのです。 婚姻関係や離婚をどういったように考えているかにより対応が異なるでしょう。 今、あなたは離婚を考えているのですか?離婚の原因はどちらにあるのでしょう。 更に、離婚をしないと言った選択肢はまだありますか?


様々な事を考えると面倒だと感じるのなら、離婚への意思が弱いです。世の中では様々な夫婦がいます。 精神的に追い詰められ、離婚を選ぶとしても相手が承諾しない場合も多くあります。 男性、女性、独占欲が強い人は、配偶者を独り占めしておきたいのです。 離婚裁判は単に相手の事が嫌いだからと言う理由では離婚にはいたりません。


離婚は理由が大切です。ですが、協議離婚の場合は双方が了解すれば、離婚は可能です。 その原因も問われません。協議離婚で平和的な話し合いが可能であればいいですが、 感情的になってしまい、全く相手の言う事が耳に入らない人もいます。その場合は第三者である弁護士を間に挟んでの 話しあいになり、双方納得いくような形を提案してもらうのです。