• 海外の離婚裁判

    海外では基本的に離婚が認められない

    海外では日本と結婚に対する考え方が異なった場所もあります。更に、離婚に対した考え方も制度も異なります。 日本は離婚する時には、離婚裁判を行う必要がないですが、離婚裁判をしなければならない国もあるのです。 隣の中国の離婚事情を書いていきましょう。中国は離婚をするのは避けようとした制度があったのです。 なので、法律に関係し、離婚が可能な条件が厳しかったのです。

    更に、社会全体が離婚をさせない機運が強く、家族、地域社会が調停を行うケースも増えました。 1990年ほどまでの中国は、こういった状況でしたが、1990年代になったら少し様相が変化しました。 離婚裁判で条件が緩和されていきました。なので、ある地域では20%程度の離婚率という実例があります。 そういったものが高すぎると社会の批判があって、2001年に法律が改正されました。

    昔の厳しい離婚条件はないですが、大体の条件を満たさなければ離婚を認めないと言う法律です。 ですが、こういった条件で、その他と言う条項が残ったのです。 そういったものに該当するかどうか、裁判官が判断を行う必要があります。

    なので、離婚の可否での、裁判官の裁量範囲が増加しました。中国は裁判官での調停は絶対条件です。 ですが、中国で世界の流れの影響も多少なりとも関係しています。 離婚への考え方は、時代と同時に変化していくのです。中国だけではなく、日本も同様です。 時の流れとともに裁判の方法も変わって行き、現在は陪審員制度になっているのもその変化の 一つです。様々な問題を抱えながらですが、一般市民の意見が反映されやすい陪審員裁判なので、 離婚裁判にも影響が多少はあると考えられます。

    海外の離婚裁判
メインコンテンツ

芸能人の離婚裁判


芸能人の離婚裁判はたくさんの人が関心していると思います。 更に、人の不幸を望んでいる訳ではないですが、離婚裁判が泥沼化していったら余計 ニュースに登場するのです。俳優の高島政伸の離婚裁判の状況を参考にしましょう。 1年以上の長い裁判となりましたが、最終的に高島政伸側が訴えを取り下げたので協議離婚となりました。


裁判の過程は、互いの醜い面が強調されていたように感じたでしょう。 こういった話に興味がある人は、自分の事じゃない他人事として面白が人もいるでしょう。 ですが、芸能人もTVなどに写らない時は一般人です。言葉に傷つく事、一人で悩む事があります。 どちらにしても、双方が離婚裁判を継続するより、協議で終らせる方が得策であるでしょう。


芸能人の場合は争い事が注目される事で、イメージダウンしてしまうでしょう。 不本意だったとしても、大体は、妥協する必要があります。 ですが、一般人にも言えることですが、裁判のみが方法じゃないです。


更に、裁判で勝利したとしても、そういった事でも思い通りになりません。 離婚を整理し、新生活を始め る必要があります。不本意な結末になっても、それを受け入れる必要があります。 結婚のみが人生だけではないです。更 に、幸せな結婚を行って、一生を添い遂げることが理想的でしょう。 離婚は人生の一コマにしかならないと思い、前向きに生きる必要があります。間違っても人生の汚点などと考え、マイナス思考にならないようにしましょうね。