• 離婚裁判を行うには年齢が関係あるのか

    現在は、熟年離婚が増えていると言われていますが、どうなのでしょうか。 厚生労働省が離婚に対して、統計を出して居ます。そういったデータからわかることを書いていきます。 最初、言えるのは離婚率が年々増加傾向となっていることです。 こういったことは、今を生きる人みなが感じていることでしょう。

    身近な人でも離婚した人が少なくないです。 バツイチといった言葉も当たり前のように会話に出て来るでしょう。 昭和30年代と平成20年代の離婚率を比較したら、約3倍以上に離婚率は増加してしまいました。 離婚した事に対し社会の見方が変化したのです。

    前は離婚と聞くと芸能人をイメージしましたが、今は一般の人でも離婚したとしても堂々としているのです。 ですが、悪い事をした訳ではないので、秘密にする必要はないでしょう。 更に、年齢と離婚率ですが、熟年離婚のみが増えて居る訳ではないです。離婚しやすいのは若者です。 若いといった事は、結婚に対しそこまで考えを持たずにその場の感情で動くことが多いからです。

    更に、気に入らなければ我慢をせず離婚する のです。双方が譲り合う事がないので、離婚裁判になる場合も多いです。 ですが、中高年であっても自分の事しか考えない人もいるのです。 離婚裁判で強制的に離婚するまで、離婚に賛成しない場合もあります。年齢を重ねたら頑固な性格になるのでしょう。 離婚裁判 の場所は、年齢は関係ないでしょう。当事者がどういった人生を歩んでいるかが問題になります。 年齢が高くなればなるほどこじれることが多いのも離婚裁判の特長にもなります。これは先の通り、 年齢を重ねるほど、頑固になる、という部分があります。

    離婚裁判と年齢
    離婚裁判と年齢
メインコンテンツ

離婚裁判と親権


離婚が調停で終了しないで離婚裁判となった原因は子供の親権を争うケースでしょう。 どれほどダメ親であっても子供は大事です。夫も妻も親権がほしいのです。 離婚するので、親権をどっちかに決める必要があります。 ですが、調停で決着することはほぼないです。


離婚裁判は今子供が生活している方に親権が譲られるケースが多いです。 ですが、小さな子供の時は母親になる事が多くあり、どちらにせよ、裁判所の調査官が客観的に判断します。 母親であれば、子供を育てながら生活が可能かが大きな判断材料となります。


更に、昔も今もシングルマザーは多く居ます。子供のためならどのような仕事も可能でしょう。 仮に、あなたが親権を巡り、離婚裁判を考えているなら、過去の事を多く読む必要があります。 どういった時に親権が認められるか、または認められないのかの調査をしましょう。 小さな子供は一緒に生活している人になついていきます。


調査官はそういった場所で子供が安定している方向を選びます。なので、長期間子供と離れていたら、 それほど親権が遠のくと思ってください。更に、実力行使で、子供を連れて逃げることも可能です。 自分がどういった状態であるのか、正しく考える必要があります。 実際、子供のことを考えるならば、親権はどっちにあるべきかを子供の立場で考えることも大切です。