• DVと離婚裁判

    DVの離婚裁判は自分で起こしづらい

    最近の離婚裁判の理由は異なっています。それは夫の暴力や生活費を渡さないといった、 明らかに離婚の条件が認められる場合が増えています。 暴力は女性に対して、精神的、肉体的に苦痛が化せられるものです。

    暴力の被害者であると発覚したら、それのみで離婚裁判は勝訴可能でしょう。 ですが、暴力の加害者は悪知恵を働かせます。離婚裁判では暴力の証拠を出す必要があります。刑事事件と同様なのです。 証拠がないならば、有罪判決を下すことが出来ないのですね。自分が暴力の被害者であるとき、最初に証拠が必要になるのです。 それは、自分のみで対応不可能な事も多いので、誰かに相談する必要があるでしょう。

    暴力被害者のケースは家庭内暴力と同様で、被害者であるのに自分が悪いと感じる事が多いです。 なので、事態を悪化させます。被害者はそういった事が自覚できない場所まで追い詰められていきます。 最近は離婚が増えているのですが、暴力の被害でも認知度が向上されました。 今まで1人で悩んだ女性も誰かに相談しようと思えるようになりました。

    よい傾向ではありますが、暴力がなくならなければ本当の解決と言うに値しないでしょう。 ですが、離婚が成立し、相手から慰謝料の受け取りが可能で、自分の生活を脅かすことを強制的に予防するための 処置を行ってくれたりもします。DVは夫婦の間のみでなく、どのような時も認知されないでしょう。 犯罪であるといった認識が必要です。

    DVと離婚裁判
メインコンテンツ

父親と離婚裁判


ただ先とは異なり、子供や妻へのDVは夫と言った印象が強いですが、子供に対した虐待は母親が半分以上であります。 そういった妻に見切りをつけ、離婚裁判を起こす父親が増加しています。 ですが、すべてがそういったケースでないことを理解してください。


ですが、子供の親権を争っている裁判の時、母親に親権を譲る事が不可能になるでしょう。 更に子供が小さい際には、その傾向がとても強くなります。 子供は母親が必要だと言った固定観念が社会全体にあふれているからです。 そういった時でも父親とし、離婚裁判に勝訴を行う人もいます。


なので、そういった物には、様々なことを考える必要があります。 母親が家庭内で行ってきたことの証拠を揃え、主張する必要があるのです。 家庭内暴力では証拠が残らない場合が沢山あります。子供の虐待、暴力も同様です。 暴力をする人は案外、自分を守る知恵があります。


母親が父親より保護される傾向が強いので、実際離婚裁判より勝訴するのは困難だと考える必要があります。 ですが、一番苦痛なのは子供なのだと言う事を、肝に銘じ裁判をする必要があります。 育児放棄をした時でも外部には伝わりません。近所付き合いも上手にこなす母親が多いのです。 人は見かけで判断できないといいますが、離婚裁判で実体が明らかになるケースが多いです。 そのときはじめて事実を知ってショックを受ける人も少なくはありません。悲しいことですが。